編集部からのお知らせ
「巨大市場化するSDGsに取り組むべき理由」
新着PDF「ドローン革命」を支える法規制動向
調査

微电子

大場みのり (編集部)

2020-03-06 11:40

 IDC Japanは、日本国内におけるトラディショナルPC市場の出荷実績値を発表した。これによると、2019年第4四半期(10~12月)の出荷台数は、法人市場が前年同期比52.0%増の322万台、家庭市場は同比19.6%増の130万台、両市場合わせて同比41.0%増の452万台となった。

 2019年通年では、法人市場は前年比59.7%増で1259万台、家庭市場は同比18.1%増で475万台、全体で同比45.7%増の1735万台。カンパニーシェアでは、レノボ/NEC/富士通グループは2018年からシェアを1.9ポイント失ったものの、4割(40.3%)を維持して1位だった。2位のHPは2019年からシェアを3.6ポイント伸ばし18.2%、3位のデルも1.9ポイント伸長し15.5%となっている。

 法人市場では、Windows 7の延長サポート終了(2020年1月)前にWindows 10へ移行する動きが法人市場全体で見られたため、通年で59.7%増という記録的な成長を達成した。Intel製CPUの供給問題が国内ベンダーを中心に出荷を押し下げる要因となったが、それほど影響を受けない外資系大手ベンダーへの切り替えが進み、結果的に外資系ベンダーのシェアが急速に拡大したとIDCは見ている。

 レノボ/NEC/富士通グループは、グループ全体で前年同期比33.4%増。家庭市場では前年同期比27.0%増と好調だったものの、法人市場では36.2%増と市場の平均成長率を下回る結果となった。ブランド別で見ると、法人市場と家庭市場を合わせた全体市場ではNECが46.5%増と比較的好調だったものの、富士通とレノボがマーケットの平均成長率を下回った。富士通ではIntel製CPUの調達に問題があったことにより、年内に出荷できなかった数量がかなり大きかったと推測される。

 日本HPは法人市場、家庭市場ともに好調で、全体市場で前年同期比78.7%増と上位5社の中で最高の成長率を達成。法人市場は前年同期比が77.7%増、家庭市場は同比86.9%増と、両市場で拡大するWindows 10への切り替え需要をうまく捉えたとみられる。

 デルは、法人市場と家庭市場を合わせた全体市場で前年同期比55.3%増と、市場の平均成長率を上回った。特に法人市場が好調で、前年同期比72.7%増を記録している。2019年の後半に伸びが堅調な小・中堅企業の需要を取り込んだ。

 シャープ(東芝)は、第3四半期に引き続き堅調で、全体市場で前年同期比58.2%増。法人市場で同比64.2%増、家庭市場で同比46.6%増と両市場とも好調だった。法人市場では、大企業と公共分野での強みを生かして拡大している。

 アップルは全体市場で、前年同期比7.9%減。Windows陣営がユーザーのWindows 10への切り替え需要で活況を呈する中、伸び悩む形となっている。

 IDC Japan PC, 携帯端末&クライアントソリューション グループマネージャーを務める市川和子氏は「2019年を振り返ると、米国や西欧など世界の他の地域がそれぞれ前年比3.4%増、4.2%増という状況の中で、日本が異常ともいえる好調に沸いていたことが分かる。2020年は確実に下降フェーズに突入するので、GIGAスクール構想という好材料はあるものの、PCベンダーは慎重な戦略で臨む必要がある」とコメントしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

张江微电子港

比亚迪微电子

快芯微电子

杭州士兰微电子股份有限公司

微电子工业园

NEWSLETTERS

西安微电子研究所

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては 詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]